レディー

フェルラ酸サプリで健康なカラダ|認知症を予防してくれる

膝に抱えるトラブル

関節

変形する理由

健康な人間でも膝に違和感を抱える人は多く、30代でも膝痛を感じる人はいるほど悩みは深刻です。違和感で済んでいるうちは良いですが、痛みや炎症が発生すると日常生活にも影響を与えます。特に膝が変形してしまう変形性膝関節症は深刻であり、放置すると寝たきりになるため早期治療が望まれます。変形性膝関節症は加齢や体重増加等で膝関節の軟骨が傷つく事で発症し、炎症や痛みを生じます。中高年の女性に多く見られますが、女性は男性よりも筋力が弱く関節への負荷が強くかかります。また閉経後は女性ホルモンが減少するため、変形性膝関節症を引き起こしやすい環境となっています。痛みや炎症を感じたら無理をする事なく行動すると良いですが、安静にしすぎず筋力を付けます。

治療を受けるワケ

変形性膝関節症は最初は膝のこわばりや突っ張り等の違和感を感じますが、初期症状は膝を使う動作の時に痛みを伴います。中期になると歩行時に持続的な痛みを感じ、正座がしにくくなる等の症状が出ます。末期になると膝の曲げ伸ばしが困難となり、体を動かさない時にも痛みが出て、歩行時は横揺れします。そして最終的には歩くことさえ難しくなり、車椅子か寝たきりの生活を余儀なくされます。変形性膝関節症は初期症状であればその後も問題無く過ごせるため、最初の治療が肝心となります。また中期や末期となっても外科的手術で治療できるため、選択肢は豊富にあります。自分の足で歩く事は健康にも良いため、膝の健康は人間の生命活動を後押しします。